沖縄行の飛行機持込物について

先日初めて羽田空港から沖縄旅行に行きました。いつもは地方空港から小型のプロペラ機を利用していくので一緒に行った彼氏も私もテンション高めでした。

複数回飛行機には搭乗をしているので使い勝手は大体わかりますし、機内に持って行く事ができるものも把握をしているつもりでしたが、羽田空港からの便ではいつもと違う事が1つだけありました。
それは、機内に持ち込む事ができないと思っていたキャリーバッグを預けるかどうか尋ねられた事です。
普段であれば有無も言わずに預けるのですが、どうやら飛行機のサイズが大きいので持込みをする事ができるサイズも拡大をされていたようです。

これにはとても驚きました。

また、、機内に持ち込み制限が掛かっているものの中で中々把握しきれていないものがあります。それはライターです。愛煙家の方であればご存知の通り、突然ライターが無くなると焦りますよね!私もそんな一人なので、普段利用をしているカバンの中には複数のライターを忍ばせておきます。

海外旅行のような大掛かりな旅行の時にはかばんの中もチェックをするので問題は無いのですが、沖縄旅行と言った気軽に行ける旅となると普段のままの格好で行く為、ライターが複数出てくる事が多いです。

一度、カバンの中から6個もライターが出てきて、他の人から白い目で見られた経験があります 笑
持込み可能な数は1本なので他の物は捨てましたが、何となく勿体ないな、、、と思ってしまいますよね。

飛行機に搭乗する前にトラブルが起きるのはとても嫌な事ですので、最近では物を持って行かないようにしています。ちょっと前までは旅行と言うと家財道具を持って行くの?という位、大量の荷物を持って出かけていました。結局帰ってくる時には荷物が減らずに更にお土産で増えてしまって悪循環。化粧水やら歯磨き粉なんかはバッグに忍ばせておくと液体検査でチェックされてしまう事もありますので、現地調達をするようにしています。
沖縄旅行であればコンビニに行けば何でも揃いますからね。

初めての沖縄旅行をする!という皆さん、ひょっとしたら必要かもしれないとあれこれ持って行くと、機内持ち込みNG商品として没収されてしまう可能性がありますよ!ちょっとした旅行であればなるべく身軽な状態で飛行機に乗ってストレスを感じ無い旅にしましょう。

因みに、沖縄から戻ってくる時にも機内に持ち込みができない制限がありますのでちゃんとチェックしましょう!

リンク|沖縄 飛行機

夏休みに母と2人で初めての沖縄旅行へ行って来た

大学生で初めての夏休みを迎え、久しぶりに旅行へ行きたいと母親に相談しました。
そうしたら、「沖縄行きたいな~」と言ったので、2人で沖縄旅行に行く事にしました。
高校時代の修学旅行は北海道だったので、沖縄は今回が初めてです。

母の提案により今回はLCCを利用します。
LCCのこと知らなかったのですが、どうやら格安で飛行機に乗ることができる航空会社なんですね。
片道料金を見てみると、私のバイト代でも十分余裕のある料金でした。

でも、LCCには機内に荷物を持ち込むのにお金がかかってしまう場合があるそうです。
母が予約した飛行機のシートは10キロ制限だったのですが、手荷物は貴重品とメイク道具ぐらいで、キャリーケースに入れたものも10キロもしなかったので、無料で乗せることができました。
飛行機内は普通の会社より狭いと聞いていましたが、十分足を伸ばせるスペースとなっていたので移動中はぐっすり睡眠をとることができました。

念願の沖縄に到着し、私の気分はルンルンです。
母親は新婚旅行で来たことがあるそうですが、もうあんまり覚えてないそうで。
到着したのがお昼時だったので、まずは那覇空港周辺にある沖縄そばを食べに行きました。
初めての沖縄そばだったのですが、そばというよりうどんみたいですね。
厚切りの豚肉も脂っぽくなくて美味しかったです。
そこから首里城や美ら海水族館などを観光し、1日目は念願の高級リゾートホテルへ宿泊しました。
最近は母とじっくり話す時間が少なかったのですが、沖縄の美しいオーシャンビューを眺めながらたくさんお喋りをしました。
夜はホテルのビュッフェで沖縄の黒毛和牛やサラダ、デザートと贅沢なひと時です。

2日目はホテルのプライベートビーチで海水浴を楽しみました。
母も私も新調した水着を着て、ワクワクしながらビーチへ向かいました。
LCCで旅行費も浮いたので、以前からやってみたかったダイビング体験を申し込みました。
最初は全然潜れなかったのですが、インストラクターの指導もあり少しずつ上達しましたよ。
母は昔から運動神経が良いのですぐに潜れ、私よりもはしゃいでいたのが少し恥ずかしい気分になりましたが、楽しんでもらえたので何よりです。
2日はエメラルドグリーンの海を十分に満喫し、疲れてお互いに早く寝てしまいました。

そして、3日目は最終日なのでお買い物が中心です。
第一牧志公設市場で南国フルーツを買ったり、国際通りでアクセサリーやお菓子などお土産品を購入しました。
その後はちょっとオシャレなカフェでランチを楽しんだり、那覇市内の観光地を巡り夜に飛行機に乗って沖縄を後にしたのです。

2泊3日の沖縄旅行はとても楽しかったです。
LCCはいろいろ決まりが厳しい点もありますが、安く旅行ができるのは嬉しいですね。
またLCCで沖縄に行きたいです。

主人と娘にとっては初めてづくしの旅行

家族で沖縄に行く事になりました。
私は久しぶりの沖縄、主人と娘にとっては初めての沖縄でした。
娘は3歳なのですが、初めて乗る飛行機が楽しみで仕方がないらしく、出かけて飛行機雲があると、「私も乗るの!」と毎回言っていました。

旅行の交通手段は飛行機です。
新潟から沖縄まで飛行機で行き、後はレンタカーを借りて色々な所へ行こうと考えていました。
沖縄には、私の友人がやっている飲食店があります。
今回はそこにも行こうと思っているので、すごく楽しみでした。
ちなみに、飛行機はLCCと大手で悩んだのですが、子供もいる為今回は大手航空会社の飛行機で行く事にしました。

あと、旅行までの間、荷物の準備が大変で悪戦苦闘していました。
あまり荷物が多いと邪魔になってしまうし、出来れば手荷物として機内に持ち込みたかったので、必要なものだけを鞄に詰め込みました。

旅行当日、娘はお気に入りのぬいぐるみを持って出かけました。
みんな楽しみにしていた沖縄なので、自然と歩く速度が速くなっていました。
空港に着き、少し時間があったので休憩をし、登場時刻までのんびりと過ごす事にしました。
荷物は重さが10kgまで、3辺の合計が100cm以内の物であれば手荷物として機内に持ち込む事が出来ました。
娘は大事なぬいぐるみを預ける事になるのか凄く心配していましたが、大丈夫だとわかるとホッとしていたようです。

飛行機に乗ると、広い機内に驚く主人とはしゃぐ娘を見て、家族旅行を計画して本当に良かったな、と思いました。
離陸の際に娘は少し怖がっていましたが、景色を見て怖さも吹き飛んだようで、ずっと主人と話をしていました。
CAさんが何度か娘に声をかけて下さった事も安心した要因だと思います。
沖縄に着くまで何回か心配して声を掛けて下さり私も嬉しく思いましたが、娘は将来CAさんになる!と言うほど嬉しかったようです。

沖縄に着き、ホテルに向かうまでの間、娘ははしゃぎ疲れたのか車の中で眠ってしまいました。

次の日、美ら海水族館に行きました。
娘にとっては初めての水族館、すごく楽しくて最高の思い出になったようです。
新しいぬいぐるみを買い、その他にもお土産をたくさん買いました。
他にもたくさん観光をし、美味しいご飯を食べて、久しぶりの友人にも会う事ができ、本当に充実した日を過ごす事が出来ました。

帰りの飛行機は思った通り、お土産がいっぱいになったので荷物は飛行機に預ける事になりました。
ですが、20kgまでなら無料で預かってくれるので余計な出費をしなくて済み、助かりました。

今回の旅行では、初めてづくしの事で主人も娘もすごく楽しむ事ができ、最高の思い出になったようです。
またいつか沖縄に行きたいですし、北海道にも行ってみたいね、とみんなで話しています。

手荷物の重量オーバーには要注意!

初の飛行機旅行で友達と沖縄へ行くことに。
チケットは格安航空券にしたんですが、初めてだったこともあって、荷物検査の時に凄く大変な思いをしました…。

航空券の予約をし、荷物の準備を済ませ、当日チェックインカウンターでチェックインして荷物の検査に向かった時です。
友人は難なくクリアでそのまま機内へ搭乗可能とのことでしたが私の荷物が引っ掛かってしまいました。

利用したLCCには複数の航空券プランがあり、私達は行きは最安の方、帰りは荷物が増えることも考えて受託を含んだプランで予約していました。

規定のサイズ内であり、2つの荷物合わせて10kg以下なら手荷物として機内持ち込みが可能とのことだったのですが、うっかり見落としてしまって10kgオーバーしました。
荷物の大きさには注意していましたが、重量までしっかりと確認できていませんでした。
その結果、受託する必要があるとのことで行きは受託なしのプランだったため新たに支払いが発生し、その手続きのために少し時間がかかってしまいました。

カウンターでの支払いになったので、カウンター手数料も必要になり、受託ありのプランの方が結果的に安くなってしまい、凄く後悔しました。
自分のミスなので友人にも申し訳なく思う気持ちがいっぱいで、行きからテンションはダダ下がり…。
無事に搭乗し、離陸→到着して空港を後にしましたが、なかなか引きずっていたのを覚えています。
もちろん表面上は明るく振舞っていましたが、この余分な支払いによって旅行先で使える分も減ってしまいましたし、やはりショックでした。

旅行はしっかりと満喫し、美味しい食べ物やキレイな海、見たことのない町並みを楽しみながら、お土産も重量オーバーしないように気をつけながら購入。
帰りは受託規定内に収まったので追加料金なしでスムーズに乗ることが出来ました。

まさかオーバーするなんて思ってませんでしたが、こういった時のためにも帰りの便だけではなく行きの便も予め余裕を持っておけば良かったかな?と今になって思います。
液体の機内持ち込みが不可だったりというのは事前に確認していたのですが、意外なところに落とし穴がありました。
搭乗時間にはゆとりを持って行っていたので間に合わなかったというような最悪の事態が免れただけ良かったと、これも良い思い出として次への教訓にしようと思います。
私の検査が終わるまで待たせてしまったけど、笑って許してくれた友人に感謝です。

大満足の沖縄旅行の旅

新婚旅行で沖縄に行ってきました。
海外へ行く事も考えたのですが、会話ができないとなると不便に思え、国内旅行にしようとなり1番行きたかった場所が沖縄だったので、すごく楽しみでした。

旅行までの間、色々と計画を練っていたのですが、ホテルに関しては少し豪華な所にしたかったので、旅費を抑えるべくLCCで行く事にしました。
旅費を抑える事が出来た分、ホテルや食事を豪華に出来たのでとても満足しています。

LCCだと、手荷物に関しては小さいものだけなのかと思ったのですが、10kgまでなら大丈夫だったので、安心しました。
10kgを超えるとつか料金が掛かるのですが、私たちは荷物が少ないので、大丈夫でした。
あと、空港のカウンターに行って驚いたのですが、ペット一緒に連れていく事が出来る事を知りました。
もちろん機内には持ち込めないけど、料金を払えば一緒に連れて行く事が出来るので、大事な家族とも一緒に旅行が出来るのは嬉しいな、と思いました。

そして、出発時間になり沖縄へ旅立ちました。
久しぶりの飛行機で緊張していましたが、窓から見える景色や空を見て落ち着く事が出来ました。

沖縄に着き、青い空と青い海に感動し、今まで私が見てきた海の色との違いに物凄い驚きました。
なんでこんなにも違いがあるのかと不思議に思いましたが、早く泳ぎたい!潜りたい!と欲求が高まりました。

1日目はホテル周辺でのんびり観光を楽しみ、2日目からは本格的に観光が始まりました。
ずっと来たかった青の洞窟やガラス館、やむちん通りなど色々な所を見て回りました。
本島だけではなく、石垣島や宮古島にも行き、沖縄を思う存分楽しむ事が出来ました。
沿岸をドライブするだけでも、沖縄を感じる事が出来るので沖縄は素晴らしい所だと実感する事が出来ました。
あと、沖縄にはかわいいカフェがすごくたくさんある事にも驚きました。
地元には無いかわいいカフェでスウィーツやジュースを飲み、ゆったりとした時間を過ごす事が出来たので、大満足です。

写真もたくさん撮ったので一生の記念になります。
お土産も、友人や家族にはもちろんの事、自分にたくさん買ってしまいました…。
沖縄に来て初めて飲んで大好きになった泡盛りは、家に帰って主人と飲みたいと思います。

初めての沖縄旅行で、不安もありましたがこんなにも魅力的な所だとは考えてなかったので、本当に楽しくて大大大満足です!
今回の旅行で行けなかった場所に行きたいので、いつかまた沖縄には行きたいと思っています。